行政書士の仕事は地味?

仕事の守備範囲がとても大きい行政書士は、日常から様々な業務に携わることになります。
ですがあまりに範囲が広いがために、得意不得意などもあるのが実情です。
さらに業務を行っている場所の立地条件なども、日常の業務にかかわってくるわけです。
行政書士法にある範囲で行くならば、官公庁に提出する書類であれば、自動車の車庫証明手続きなどが挙げられます。
他にも、土地の使用に関する書類であったり、会社の設立に関する書類手続き、著作権保護に関する書類などもあります。
変わったところであれば、日本国籍の取得なども業務の範囲に入ってきます。
債権問題に関する内容証明郵便の作成や権利義務に関する書類作成などもすることができます。
最近では、テレビなどでも取り上げられることがある、遺言書の作成などにも活躍することができるのです。
遺言書に関しては自分で作ることもできますし、公証人の立ち合いで作成することも可能です。
ですが、行政書士は作成に関する証人となることもできますし、作成することもできます。
そしてその書類の正当性をもたらすことも可能なのです。

漫画やドラマの影響で、行政書士の仕事がとても華やかそうに映ることもありました。
その影響で受験者数も飛躍的に増加した一面もあります。
漫画やドラマとは違い、実際の仕事はかなり地味であり、堅実にコツコツと行う仕事が大多数を占めます。
一つ一つが重要な意味を持つ書類を扱う仕事ですから、派手な一面はありませんがとても大切な仕事と言えるのです。

*このサイトは現在準備中です